fc2ブログ

平和な田舎暮らしに美容・健康など自由気ままに綴っています!
私たちの命を守るには、このシールドだけでは不十分!
2021年02月10日 (水) | 編集 |
FC2 トラックバックテーマ:「今年一番心に残ったいい出来事は?」
地球の中心核は、信じられないほど高熱の、非常に大きな球体です。

主な成分は、鉄とニッケルで、ドロドロに溶けています。

それが地球の中心で、絶えず流動しています。

このように、かくはんされた金属は、磁場を生み出します。

そしてこの磁場は、遠い宇宙空間まで到達。 地球全体を取り囲んでいます。

地球が生んだ、巨大な磁場が… 火星を破壊した太陽の恐ろしい放射線を、
跳ね返しているのです。

宇宙滞在50日間を体験した、ジェフ・ホフマンは、言う。

“地球の磁場は、ほとんど目に見えません”

“しかし、太陽フレアが起きた時には、見る事ができます。 オーロラです”

“多くの人が、1度は見たいと思うものですが、宇宙では、地上とは全く違って
見えます”

宇宙滞在24日間を体験した、リランド・メルヴィンは、言う。

“緑の光が、ゆらめくのを見ました”

“まるで、人が踊っているような感じで、私たちは、その上を通り過ぎました”

宇宙滞在166日間を体験した、クリス・ハドフィールドは、言う。

“緑と赤、そして、さまざまな薄い色が、巨大なカーテンのように、かすかに
揺れていました”

宇宙滞在104日間を体験した、ニコール・ストットは、言う。

“目で見るだけじゃなく、心で感じるものです”

“まるで、自分の一部になったような感覚を、覚えます”

宇宙滞在50日間を体験した、ジェフ・ホフマンは、言う。

“上から見たオーロラは、更に美しい!”

“これが太陽から地球を守ってくれていると思うと、なおさらです”

しかし、私たちの命を守るには、このシールドだけでは不十分です!

太陽には別の武器があるからです。 静かなる暗殺者…その名は、光です!

全ては、太陽の周りを回っています。

太陽系の支配者は太陽であり、その最大の武器は、私たちが日頃、味方だと
思っているもの… 光です!

宇宙飛行士は、この危険から、身を守らなくてはなりません。

宇宙滞在50日間を体験した、ジェフ・ホフマンは、言う。

“太陽は、目に見える光だけでなく、紫外線も放っています”

“これが、重大な害を及ぼします”

宇宙滞在143日間を体験した、ジェリー・リネンジャーは、言う。

“宇宙ステーションミールの窓は特別な紫外線フィルターで覆われていますが
1つだけ、そうではない窓があります”

“その窓の前にとどまって太陽光線を浴びたら、1分もしないうちに肌が焼けて
赤くなります”

宇宙滞在50日間を体験した、ジェフ・ホフマンは、言う。

“宇宙における紫外線の威力は、強烈です”

“コーティングされたサンバイザーを付けなかったら、視力を失います”

“地球上の生物が、宇宙空間で太陽と向き合ったら、ひとたまりもありません”

“宇宙では太陽から身を守るため、1着1000万ドルもする宇宙服が必要です”
(1000万ドル → 1億円)

“それなのに、地上では日焼け止めを塗るだけで、済んでしまいます”

“幸運な事に、太陽が放射する極めて有害な紫外線のうち、僅か2%しか、
地表には届かないからです”

“もし、全ての紫外線が地表に届いたら… 数秒で肌が焼けてしまいます”

“それだけではありません”

“強い紫外線を受けたDNAは破壊され、健康な細胞は、ガン化します”

“地球が、まともに太陽の威力にさらされたら、植物は育たず、微生物も絶滅
します。 地表での生命維持は不可能です”

紫外線は凶暴です。 ではなぜ、私たちは、生きていられるのでしょうか?

その答えは、はるか上空にあります。

太陽は、私たちに恐ろしい紫外線を放っていますが、そのほとんどはオゾン層
と呼ばれる分子の薄い膜に吸収されているのです。

上空にあるオゾン層は、磁場に次ぐ第2のシールドですが、とてももろく、壊れ
やすいものです。

30年ほど前、人工の化学物質が、オゾン層に穴を開けた事が分かりました。

その穴は、開いたまま、塞がらないのでしょうか?

解決法が模索されました。   アルゼンチンのエル・カラファテ。

パイロットが乗り込んだのは、オゾンのサンプルを採取するために作られた、
グライダー。

“とても危険な仕事です。 あっという間に、深刻な事態が発生します”

“機内の気圧が下がれば、パイロットは、すぐに気絶してしまいますから…”

“それをカバーする、自動飛行システムなどは、ありません”

グライダーで高い高度を飛ぶのは危険な事に思えますが、エンジンがない為
サンプルを汚染する心配がないのです。

グライダーはアンデス山脈南部の上昇気流に乗って、高度を極限まで上げて
行きます。

オゾン層の状態をより詳しく知るため高度1万6000メートル以上を目指します。

オゾン層を破壊する化学物質の使用が、世界的に禁止されたおかげで、穴は
小さくなっている事が分かりました。

私たちを守るシールドは、再生しつつあるのです。

宇宙滞在24日間を体験した、マイク・マッシミーノは、言う。

“私たちの惑星・地球は生きていて、自己修復能力も備えています”

宇宙滞在143日間を体験した、ジェリー・リネンジャーは、言う。

“オゾン層の穴に気付いた時、人類は力を合わせて、破壊物質の使用を禁止
しました”

宇宙滞在50日間を体験した、ジェフ・ホフマンは、言う。

“宇宙から見下ろすと、太陽のすさまじい攻撃から、地表の生命を守っている
地球が見えます”

“それを見ると、この惑星を守らなければとい思いが、ますます強くなります”