fc2ブログ

平和な田舎暮らしに美容・健康など自由気ままに綴っています!
冥王星の内部海の謎は太陽系の常識を覆す大きな発見?
2021年01月20日 (水) | 編集 |
FC2 トラックバックテーマ:「今年一番心に残ったいい出来事は?」
神戸大学の准教授は、言う。

“メタンハイドレートの研究者は、どちらかというと、資源に着目していたり、
エネルギーの方から見てるっていう研究者が多いのですが…”

“メタンハイドレートが、実は、冥王星の研究では、断熱材として、すごく重要
だというところが、ポイントだったのですが、私自身、実はそこまで断熱効果が
高いという事を、意識して研究した事はなくて…”

“まさに、目のつけどころというのが違う”

“バックグラウンドが違うだけで、こんなに違うんだ”

“それが、また、何か、新たなブレークスルーを、生んだような気がします”

カリフォルニア大学教授は、言う。

“非常に驚いたのですが、日本の惑星科学者は、問題を総合的に捉える傾向
があります”

“アメリカにいる私から見ると、日本人は、とても幅広い視野を持っていると
思います”

ニューホライズンズの探査結果に基づく、日本人科学者の粘り強い研究に
よって、冥王星が今も、内部に海をたたえている可能性が、更に、高まって
来ました。 これは、太陽系の常識を覆す、大きな発見だといいます。

この成果によって、いよいよ新しい太陽系の姿が、浮かび上がって行きます。



☆宇宙博物記☆

プルートと名付けられた新惑星の発見は、1930年。

日本では、昭和5年にあたります。

発見の報告から半年後、ある和名が提案されました。

科学雑誌の片隅に掲載された、短い記事でした。 (科学画報)

‘甚だ、僭越な提案ではある。しかし、これが永い将来を率いることなら、一応
愚見を披歴して置くのも失礼ではないと思う’

‘私は思う。 ローウェル天文台で、プルートに決したに就いては、これが既に
惑星の名となっている天神(てんじん)ウラノスには孫で、ネプチューンとは
兄弟にあたる神であることをも考慮に入れていたに相違ない’

‘そして、日本でこれらの神名を星の場合では、それぞれ天王星・海王星と
訳して用いていることは言うまでもない’

‘仮に、訳名を提案してみれば、冥王星か幽王星であろう’

‘これなら天王星及び海王星に対して母音の響きも、そう悪くないようである’

書いたのは、44歳の 野尻 抱影 (のじり・ほうえい/1885-1977) です。

当時は、東京の愛宕山にNHKの前身、東京放送局が設置され、ラジオ放送を
開始したばかり。

抱影は、たびたびラジオに登場しては、天文学の面白さを伝え、人気を博して
いました。

‘星は、ゼロがとめどもなく続く、数字で脅かされる学問だとばかり、お考えに
ならぬことです’

‘そんなことを言ったら、花は植物学者の庭ばかりに作られ、宝石は鉱物学者
の指にばかり輝くことでしょう’

‘このお話しを、1つの機会として、皆さんがさらに彼ら天上の花、天上の宝玉
に対する親しみをお加え下さるならば、私の深く本懐とするころであります’

大学で英文学を学んだ抱影は、雑誌の編集者を務めるかたわら、文筆家
としても活躍していました。

抱影の人柄をしのばせるエピソードを、12歳まで同居していた孫が、教えて
くれました。

“小学生の頃、祖父から言われた事で、とても印象に残っているのが、自分の
職業となる専門分野以外に、誰も手を付けてない専門分野を1つ持つといいよ
という事を言われたのです”

“大人になって、祖父の事などを考えると、それがまさに、星が祖父にとっての
もう1つの専門分野だったという事が、分かったのです”

“それも科学的なアプローチは全くしないで、神話とか伝説とか星の名前とか
他の人が全く手を付けなかった分野に、のめり込んで行ったわけですから、
まさに、それが彼の思いだったという事が、よく分かります”
(野尻抱影 星の研究家/1977年NHK放送)

抱影の関心は、星にまつわる神話だけに、とどまる事はありませんでした。

愛用の望遠鏡を使って、自ら星を見る事にも、情熱を注いでいたのです。

木箱に記されているのは、望遠鏡の愛称 ロング・トム 。

自ら翻訳した冒険小説、宝島に登場する大砲の名前です。

抱影にとっての星は、学問や仕事の対象ではなく、ワクワクする心を呼び覚ま
してくれる、特別な存在でした。

ご近所さんを集めて星を楽しむ、抱影の姿が残されています。

冥王星の名付け親は、星を見る楽しみを生涯忘れなかった、素敵な人だった
ようですね!  戦後初の理科年表を開いてみると…。

水(すい)・金(きん)・地(ち)・火(か)・木(もく)・土(どっ)・天(てん)・海(かい)・
冥(めい)。 こうして、あのお馴染みのフレーズが誕生する事になったのです。